SEIWA | Leather Craft :: Fabric Dyeing school | 染色・レザークラフト本科コース | 草木染科

NS014325Image1

NS014325Image2
2019年夏期講習作品/絹のストール桔梗色(赤紫色)に染める

NS014325Image3

NS014325Image4

NS014325Image5

草木染科

草木染の基本であるいろいろな植物で「染める」ことを学びます。試験布(小さい布)、ストールなどを染め、草木染に対する正しい知識と理解ができる教室です。講師の山崎和樹先生は、日本の草木染め研究の第一人者であり、また染色家としても長年積み重ねた経験と新しい試みを盛り込んだ作品を追求しています。草木工房(草木染研究所柿生工房)主宰。

受講日第1月曜
時 間10:30〜16:00
月 謝6,000円(税抜)
年間諸経費8,000円(税抜)
備 考本講座は4月入学となります。

山崎和樹先生インタビュー

■教室の内容

 この教室は草木染めといって、化学染料ではない伝統的な染め方をお教えしています。友禅染めやローケツ染めなど、いろいろな技法がありますが、それらは昔、草木染めによる天然染色で行なってきたものなのです。その天然染色の基本的な染の技法をお教えする講座です。ですから、この教室では作品がつくれるというよりは、作品づくりに入る前の染めの知識を得るという点に重きを置いています。

 まず絹、木綿、麻という天然繊維を使い、天然染料で染めるときの資料となるカラーチャートをつくります。もうひとつは同じ生地を使った布染めの技術を学んでいただきます。SEIWAでは基礎と応用という講座があり、まず基礎で2年学んでいただきます。藍や紅花などを使った植物単体での染めを行います。その過程を経て、色を重ねる過程を学びます。


■教室の進め方

 基本的には染め方を学んでいただきます。まず教室が始まってから、午前中に染料を抽出し、染料液をつくってから、その染料についての講義をします。染料の性質や特徴について、染料液をつくりながら、知識として吸収してもらいます。そして昼食後は実際に染める実習に入ります。一人ひとりが自分のものを染めるので、人数と設備の関係で、役割分担をして試験染めをしたりします。

 媒染剤というものがあり、その種類が異なると染まる色が変わるのですが、数人でチームをつくっていただき、媒染剤ごとのローテーションを組んでその日の担当を決め、チーム単位で染まる色のチャート資料をつくってもらいます。

 年間を通じて10回程度の講座で、カリキュラムでは月単位で2種類の染料、1年で20種類の染料、2年で40種類の染料を勉強します。2年目は重ね染めの実習と勉強をしていきます。


■草木染めの専門知識を活かす

 染めというのは、何かをつくるための一つの知識であり、ベースになるものです。この技術は絞り染めも型染めでも、いろいろな技法に応用できます。最も一般的なのは、糸を染めて手旗折りなどに活かすことかもしれません。

 スカーフにしても、ショールにしても、布を織ることも含めて着尺〈きじゃく〉に活かせますね。教室では生徒さんそれぞれにある程度の専門知識がありますので、進行に際して私がとくにすべての過程を把握しているわけではありません。

 生徒さんは、自然環境の保護が叫ばれている昨今、エコロジカルな生活をしていらっしゃるというか、自然・天然というものに興味のある方が多いですね。それが共通項というか、似た感覚を持った方々が集まっていますね。


■草木染めに出会ったきっかけ

 私の祖父と父が草木染めの研究していたことですね。私はその3代目です。私は農学部の出身ですが、学生時代は染色に携わるつもりはなかったんです。しかし学ぶうちに植物や自然と関わる仕事ということで、やってみようという気になり、今に至るまで続けています。

 私は自分の工房を神奈川県川崎市にかまえていますが、そこで教室やワークショップも行なっています。SEIWAには、はじめはお客さんとして行っていました。染色の材料を買い求めていたんです。そのうちに、SEIWAのスタッフと親しくなり、今から15年くらい前に草木染めの講師の依頼を受けてお引き受けしました。

 SEIWAは生地も染料も化学染料も道具もすべて揃っています。そこは他所にはないメリットだとおもいます。また都心にあるので、交通の便もよく、地方の生徒さんも来やすいとおもいます。そして、情報が集まってきますね。SEIWAに行けば分かるという感じがいいとおもいます。

 そのSEIWAのなかにおける私の使命は草木染めの研究と普及です。ですから講座を持たせていただいているというこの機会に大きな意義を感じていますね。

 また講義をするだけでなく、人とのつながりも生まれてきますしね。当講座は最大でも4年しかなく、人はどんどん入れ替わっていくのですが、新しく知り合った方々も刺激になりますね。