SEIWA | Leather Craft materials web store | レザークラフト材料ウェブストア : エナメル光沢剤 100ml

ケミカル類 | 仕上剤

エナメル光沢剤 100ml image1

エナメル光沢剤 100ml image2
エナメル調の艶出しはエナメル下地剤の乾燥後本品を手早く塗ります。換気注意。

エナメル光沢剤 100ml image3
左:染色(緑)/中:エナメル下地剤/右:エナメル光沢剤を1回塗り

エナメル光沢剤 100ml

エナメル調の強光沢仕上げ剤

価格 700円/缶(税別)

数量

■用途/特長

エナメル調の強くて美しい艶と、量感のある肉厚な被膜を形成する仕上げ剤です。

なめし革には下地にエナメル下地剤を塗ってからつかいます。
豚生革のエナメル調の艶出しには、原液のまま直塗りします。

※ご注意:ご使用の際は、湿気、室温にお気を付けください。
溶剤系は空気中の水分に反応し、溶剤が水分を吸収しますので、乾燥が遅くなり、仕上がりが本来とは異なってしまう為、エナメル光沢剤を使用する作業は、日中の晴れた日を推薦しております。
豚生革以外の革に、エナメル下地剤なしで直塗してしまうと、吟面にまで浸透してしまい、割れの原因になりますので、ご注意ください。

■仕様/内容
  • [成分]合成樹脂・有機溶剤
■使い方

〈ヌメ革などのなめし革でエナメル調の艶を出す場合〉
1. 染色乾燥後、エナメル下地剤(水溶性)を原液のまま刷毛で薄く塗り、乾燥させます。乾燥時間は10〜20分(完全乾燥は1日)

2. エナメル光沢剤(溶剤性)を原液のまま刷毛に含ませ、一方向に動かして手早く塗ります。1回塗りで仕上げてもOKですが、重ね塗りする場合は1日以上あけてください。一度に厚塗りすると乾燥時に塗膜がよれたり、斑になる場合があります。

〈エナメル革をつくる場合〉
1. あらかじめ400番程度のサンドペーパーで銀面を削り、革を毛羽立たせておきます。

2. エナメル下地剤を刷毛で均一に塗ります。乾燥時間は10〜20分。

3. ファブリエのREGULAR(不透明色)またはCLEAR(透明色)をエナメル下地剤で使いやすい硬さにうすめて塗ります。

4. エナメル下地剤を刷毛で均一に上掛けし、しっかり完全乾燥させます(目安として半日〜1日)。

5. 乾燥後に400番程度のサンドペーパーで革の表面を薄く削り、平らにします。※400番推奨

6. エナメル光沢剤を刷毛で塗ります。1回塗りでOK。より厚みを持たせたい場合は1日置いた後、重ね塗りしてください。

※豚生革の艶出しは、エナメル光沢剤を原液のまま直塗りしてください。下地剤を塗る必要はありません。
※刷毛は金巻刷毛がおすすめです。
※うすめる場合はレザーライトうすめ液で。
※使用後の刷毛・容器はエナメル下地剤は水・中性洗剤で、エナメル光沢剤はレザーライトうすめ液で洗浄してください。

■ご注意
  • 換気をよくしてご使用ください。
  • 使用前によく振って中身を撹拌させてください。
  • 使用中は火気厳禁のこと。
  • 使用後はフタをしっかり閉めること。
  • 手工芸以外の用途に使用しないこと。
  • 手に付着した場合は、よく洗うこと。
  • 肌の敏感な方は、手袋をご着用ください。
  • 保管はお子様の手の届かない冷暗所で。

※掲載写真、色見本の色はデバイスやブラウザにより実物と異なる場合があります。