SEIWA | Fabric Dyeing materials web store | 染料・染色材料ウェブストア : イルガラン染料

染料・顔料・箔 | 酸性染料<絹・ウール>

イルガラン染料 image1

イルガラン染料

10g/全27色

価格 300円〜/個 (税込330円〜)


[商品リストは下段です]


■用途/特長

イルガランは酸性含金染料、イルガノールは酸性染料です。溶解はあまりよくありませんが、渋味の色調と堅牢度が高い事が特徴です。

■仕様/内容
  • イルガラン:酸性含金染料/イルガノール:酸性染料
  • 絹・羊毛・ナイロン用染料
■使い方

■浸し染め
@ 染める素材を糊抜きし、すすぎをしたら濡れたままにしておきます。
A 容器に素材の重さの30〜40倍(羊毛は40〜50倍)のお湯(約30℃)を用意します。
B 染める素材の重さに対して、染料 2%、均染剤C-20 1%、染色用硫安 2%、60%酢酸 1%の割合で用意します。%は染める素材の重さに対する割合で、100 g の素材の1%は1mℓまたは1gです。
C Aで用意したお湯に薬品を入れて溶かします。
D 別の容器で染料を熱湯で溶き、Cで用意した液に加えます。
E よく濡らした素材を広げて入れます。中火で加熱し、90℃以上になったら弱火にして、約30分染色します(火にかけてから止めるまで、素材をよく動かしてください)。
F よく水洗いし、軽く脱水して陰干しします。乾いたら完成です。

■刷毛染め
@ 染料を2g用意し、100mℓの熱湯を加えて溶解します。
A その中に、染料と同量のソリュートSを加えます。
B 染料のにじみ止めには布用にじみ止めを少量入れます。ムラを少なくするには引染用均染剤を染料と同量入れます。
B 布に刷毛引きして、乾燥させます。
C 布を不織布等に重ねて巻き約40分蒸しをします。
D よく水洗いし、軽く脱水して陰干しします。乾いたら完成です。

■色止め
染色後、酸性フィックスコンクで色止めをすると洗濯や水濡れに対して丈夫になります。

■ご注意
  • 色止めすると、染め替えが出来なくなります。
  • 染色以外の目的で使用しないこと。
  • 保管は幼児の手の届かない直射日光を避けた涼しい場所で。

※掲載写真、色見本の色はデバイスやブラウザにより実物と異なる場合があります。 ※手工芸以外の用途には使用しないこと。